本書では、思春期で悩んでいる子どもたちを元気にする3ステップのコーチングや、シュタイナー教育をベースにしたタイプ別アプローチの方法を紹介。

また、友達関係で悩んでいる子進路で迷っている子などに対する言葉かけの実例も数多く紹介しました。

著者メッセージ

こんにちは!スクールメンタルコーチのつむちゃんこと津村柾広です!この度、『スクールメンタルコーチ直伝 思春期コーチング 先生のための言葉かけメソッド』を明治図書出版から発刊することになりました。

ぼくのミッションは「世界中の子どもたちをワクワクさせる!」ことです。

そのためには、学校をワクワクさせる場所にしなきゃいけないし、先生をもっと元気にしなきゃいけないと思っています。

子どもの頃のぼくは問題児と呼ばれていました。先生から指示や命令をされると、なぜだか反抗したくなるという困った子どもでした。

そんなぼくが、30年以上の時を経て、多くの学校で講演やワークショップや特別授業や部活動サポートをすることになりました。スクールメンタルコーチとして関わってきた子どもたちは1万人を超えるほどです。
そんな実践の中で培ってきたノウハウやスキル、そして子どもたちから学んだことを、この本の中で公開しています。

ティーチングのプロである先生たちが、シンプルで実践的な「123コーチング」というもう一つのエンジンを装備したら、きっともっと授業は楽しくなるし、クラスマネジメントも驚くほど楽チンになるはずです。

この本は先生たちへのエールです!そして、子どもたちの未来に貢献したいと願っている多くの仲間たちのために書きました。

目次

まえがき

この本は先生たちへのエールです!

 私は小さい頃から反抗的な子供でした。先生の指示に従わず、いつも怒られてばかりいました。小学1年生の課外授業で、牧場に行って馬の絵を描く課題を与えられたときのことです。私はいつものように先生の指示など聞かず、時間いっぱい遊びほうけていました。「残り10分」というアナウンスで我に返り、あわてて絵筆を出しましたが、間に合うはずもありません。追い込まれた私は、画用紙一面に「うま」と文字を書きました。友達に「それは絵じゃなくて習字だ」と言われましたが、「うま」の文字の周りに様々な色を塗れば立派な絵だと主張し、そのまま提出しました。その後、担任の先生から大目玉をくらったのは言うまでもありません。

 小学5年生のときは野球部に所属していました。当時は野球がとても人気があり、6年生だけでも30人近くの部員がいました。下級生はランニングと球拾いしかやらせてもらえず、私の反抗心が爆発しました。「野球部なのに野球をやらせてもらえないのはおかしい!」私は5年生の部員全員を説得して、第二野球部をつくりました。もちろん学校の許可はとっていません。放課後になると、5年生だけで近くの公園で練習しました。監督もコーチもいないので、練習メニューは適当でしたが、とにかく楽しくて、毎日、日が暮れるまで野球をやりました。しかし、第二野球部をつくるなど許されるわけもなく、首謀者の私は顧問の先生にコンコンと説教されました。

 中学生になり思春期に入ると、私の反抗心はピークを迎えました。傍若無人な言動にますます拍車がかかり、毎日のように問題行動を繰り返しました。そんな私にも怖れる先生がいました。その先生は常に竹刀を持っていました。私はその竹刀で、ことあるごとにこづかれました。問題行動を起こしたら「ビシッ!」。ひどいときは「おはよう」の挨拶がわりに「ビシッ!」でした。

 竹刀教師は野球部の監督でした。練習中は竹刀を使わずに、ノックバットを使ってこづいてきました。練習はとにかく厳しく、怒鳴られこづかれ、しごかれました。とうとう我慢できなくなった私は、中学2年生の冬に野球をやめようと思いました。これ以上、理不尽な目にあいたくなかったし、一生懸命頑張ることをカッコ悪いと思ったのです。私は部活をサボるようになり、友達の家に入りびたってダラダラ過ごすようになりました。

 ある日の日曜日、部活に行くと嘘をついて家を出て、いつものように友達の家に行きました。夕方遅くまで遊んで、ようやく家に帰ったところに竹刀教師が現れました。呆然としていると、そこに父が加わり、いよいよ雲行きがあやしくなりました。すべての事情を知った父は激昂し「根性をたたき直してやる!」と私を庭先に引っぱり出しました。目の前に竹刀教師、後ろに鬼父。これを修羅場と言うのでしょう。

 「お父さん、ちょっと待ってください!」声の主は竹刀教師でした。「この子は、やればできる子です!」竹刀教師は父と私の間に割って入りました。「この子は絶対によくなるから、私に預けてください。もう一度、野球をやらせましょう」その言葉を聞いて、父は少し冷静になったようでした。「先生はああ言っているけど、お前は野球をやる気があるのか?」私は涙でくしゃくしゃの顔で、「やります。もう一度、野球をやらせてください」と頭を下げました。1年後、中学3年生になった私は野球部のレギュラーになりました。そして竹刀教師にこう言われました。
 「津村、今日からお前がキャプテンをやれ。お前がリーダーになってチームを引っぱれ。お前なら必ずできる」
 小学生の頃から問題児と呼ばれていた私が、なんとキャプテンに指名されたのです。
 「はい!」私は奮い立ちました。

 私は小さな頃から、自分のありあまるエネルギーをどう扱っていいのかわかりませんでした。きっと、それが問題行動や反抗的な態度になって表れたのでしょう。私は野球部のキャプテンになることで、初めて自分のエネルギーを正しいことに使う経験をしました。同時に、リーダーシップやチームへの貢献や仲間の大切さを学びました。

 もし、あの先生に出会っていなかったら? もしあの日、先生が私の家にこなかったら? 私の人生はどうなっていたのでしょう。おそらく曲がった方向に進み、まっとうな生き方をしていなかったかもしれません。竹刀教師は私の大恩人です。ただし、竹刀やノックバットを使った体罰や理不尽なしごきを肯定しているわけではありません。あれは昭和という時代がつくり出した副産物だったと思います。

 30年の時を経て、メンタルコーチになった私は、何の因果か学校に出入りすることが多くなりました。問題児だった少年が、講演やワークショップや特別授業をやらせていただくようになり、1万人を超える子供たちと関わってきました。そして、たくさんの先生にお会いする機会も得ました。

 ステキな先生がたくさんいる一方で、疲弊している先生も少なからずいます。「将来は先生になりたい」と夢を語った高校生に、「教員はブラックだからやめとけ」と言った先生もいます。おそらく、その先生は正直に話しただけでしょう。それほど、今の学校は閉塞感で息苦しくなっているのかもしれません。

 子供たちは、12歳頃になると思春期に入り自我が芽生えます。そして「自分とは何か?」という問いへの、答え探しの旅が始まります。子供たちは旅の道中で出会う人を通して学び、徐々に自我を確立させていきます。この道中で、どんな人に会うか? それによってその後の人生の行き先が決まります。

 子供たちにとって、先生の存在は重要です。先生は子供たちの鏡なのです。だからといって、完璧な先生になる必要はありません。不完全であるひとりの人間が、果敢に挑戦する姿を見せることが思春期の子供たちを勇気づけます。

 コーチングで、すべてが解決するわけではありません。しかし、思春期の子供たちの心を軽くすることはできます。同時に、先生の心を軽くすることもできます。先生が変われば、子供たちの未来が変わります。この本は先生たちへのエールです!

スクールメンタルコーチ/津村 柾広

出版記念ONLINE講演会開催
9/19(木)21時
ZOOMでリアルタイム配信

つむちゃん。こと、津村柾広さんの
新刊発売に伴い、出版記念講演会を行います。

↓告知サイト
https://www.facebook.com/events/352884535627706/  


*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

スクールメンタルコーチ直伝・思春期コーチング
~先生のための言葉がけメソッド~
明治図書出版より9月13日に出版決定!!!
つむちゃん、おめでとうございます(^^)/

日時:2019年9月19日(木)21時~22時30分

参加方法:オンラインzoom: ひふみコーチWebinar

*zoomを初めて使う方へ。
zoomは「スマホ」と「PC」から入れます。
・iPadから参加の方法はこちら。
・PCから参加の方法はこちら。

参加費:本をご購入下さい!!!
https://www.amazon.co.jp/dp/4180615258

定員:10000名

主催:ひふみコーチ株式会社

*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――*+†+*――

まずはメルマガ登録!

津村柾広が、プロコーチとして関わっている思春期の子どもたちのエピソードを激アツで紹介していきます。是非ご登録ください!

オンライン講座

けんかの後始末がいらない教室運営しませんか!?

津村 柾広 直接指導
「ひふみコーチ for school」の特徴

時間と場所の制約が無い
認定ファシリテータ・トレーニングは動画でいつでも受講可能。通学の必要がないので、産休中や介護中、海外からも参加者が集まっています。
充実のフォローアップ
毎月ビデオ会議システムZOOMを使用した「ツキイチ事例報告会」を開催。津村柾広とリアルタイムに授業実施の課題等を相談することが出来ます。
ワークブック無償提供
オリジナルワークブックを数に上限なく無償提供! 学校負担はありません(送料のみ実費負担)
ワークブック無償提供
オリジナルワークブックを数に上限なく無償提供! 学校負担はありません(送料のみ実費負担)

現役中学校教員(教員歴35年、コーチング導入歴5年)が考える
コーチングを学校に導入する10の理由

  • けんかの後始末がいらなくなる
  • 大きな声や力は必要ない
  • 自立した人間を育てる
  • 必ず変わると信じること
  • 横の繋がりで対等に話ができる
  • 一緒にゴールに向かう伴走者
  • たった1時間で大丈夫
  • 応用は自由自在
  • フォローアップと仲間がもれなくついてくる
  • あなた自身が一生使えるスキル
  • 大きな声や力は必要ない

ひふみコーチ for school紹介

講演・コーチング依頼

講演会、研修、コーチング依頼はこちらからお問い合わせください。
■ 講演テーマ事例 ■

「結果が出せる!ヤル気スイッチの入れ方とは」
「ワクワクする未来の作り方」
「人を育てる勇気の言葉」
「人を育てる勇気の言葉~実践!~アドラー心理学~」
「楽しく勝つ!最高のチームのつくり方」
「本番で力を発揮するための心のスイッチ」
■ クライアント事例 ■

○人材育成研修
青森県教育委員会、青森県体育協会、学校PTA、ジョブカフェ青森、市町村商工会 他多数

○企業研修
NTTファイナンス、城南信用金庫、テクノル、吉田システム、サンデー、ハッピードラッグ、みちのく銀行、JA青森、イオンモール下田、ドラゴンキューブ、Jサポート、青森ダイハツ販売、山匠電気工業 他多数

○ビジネスコーチング
飲食店、携帯ショップ、レストランチェーン、 美容室、介護施設 他多数

○個人コーチング
起業家、アスリート、パフォーマー、主婦起業家 他多数

○部活コーチング
弘前学院聖愛高校野球部、京都共栄学園野球部、山形明正高校野球部、八戸聖ウルスラ学院高校ソフトボール部、岩手大学ソフトテニス部、青森西中学校野球部、弘前東中学校バスケットボール部、東北福祉大学スタッフ研修、八戸北高校スクールメンタルコーチ 他多数

○学校コーチング
三沢第二中学校、六ヶ所第一中学校 他多数

○講演
PTA連合会、ジョブカフェ青森、青森県体育協会 他多数

津村柾広セミナー動画Vol.1
〜反省会はやらない?!〜

著者プロフィール

津村柾広
(つむらまさひろ)
NPO法人RYOMA塾:代表理事,(株)アナザーヒストリー:チームフロープロコーチ養成スクール認定コーチ,123コーチforスクール:ファシリテーター養成トレーナー,学校ドリマ先生ファシリテーター
東日本大震災をきっかけに,アドラー心理学をベースにしたコーチングを学ぶ。2013年にメンタルコーチとして指導した弘前学院聖愛高校野球部が甲子園に初出場。以後,チームづくりのスペシャリストとして,学校での特別授業や企業研修で活躍。日本中の子供たちをワクワクさせることがミッション。日本初のスクールメンタルコーチとして,1万人を超える子供たちの夢づくりをサポートしている。

■略歴
1965年 八戸市生まれ。青森県立八戸北高校卒業。
2003年 企画会社「サードプロデュース」開業。
2011年 東日本大震災をきっかけにプロコーチ養成スクールで学ぶ。
2012年 プロコーチとして本格的な活動を開始。
2013年 メンタルプロコーチとして指導した弘前学院聖愛高校が甲子園出場。
2014年 NPO法人RYOMA塾設立。ドリームプランプレゼンテーション世界大会出場。
2018年 「学校にコーチングの授業を届けよう!123コーチングforスクールプロジェクト」開始。
八戸北高スクールメンタルコーチに就任。

■ホームページ
http://ryomajuku.com/